実際に【日勤のみ看護師】に転職したメリット3選

看護師として働いている皆さん。

こう思ったこと、ありませんか?
というか、夜勤している看護師なら誰でも一度は思うはず。

そこで今日は、【日勤のみ看護師】に転職した筆者が思うメリット3選についてお話ししていこうと思います!

この記事はこんなあなたにおすすめ!
  • 夜勤あり→日勤のみ看護師に転職したい方
  • 日勤のみ看護師のメリットが知りたい方
  • 日勤のみ看護師の体験談が聞きたい方

筆者は夜勤あり看護師(病棟)を4年半→日勤のみ看護師(高齢者施設)を1年半経験しています。

目次

日勤のみ看護師って何?

日勤のみ看護師とは、読んで字のごとく日中のみ働く看護師のこと。

働く場所によって

  • 月〜金曜日まで仕事、土日休み(病棟や外来など)
  • 木曜休み、土曜半日勤務(クリニックなど)
  • 完全シフト制で不定休

などなど働く時間・曜日は様々。

ちなみに夜勤あり看護師のシフトの例

①2交代の場合
9-17時の日勤→翌日16-9時の夜勤、9時以降は明け→翌日休み

②3交代の場合
9ー17時の日勤、仮眠→翌日深夜0-9時までの夜勤→明け

などが一般的なシフト。
この夜勤サイクルを月に6ー8回程度こなすことが多いです。

なる

夜勤してた頃は「日勤だけなんて絶対しんどい!」と思ってました。

日勤のみ看護師のメリット3選

メリット

生活リズムが整う

朝起きて、夜眠る。
ただそれだけの、人間らしい生活が送れることがとても重要!

生活リズムが整うと人生変わります。

悩んでいる人

本当に変わるの?

夜勤あり→日勤のみに転職した私の場合は

  • 体のだるさが軽減した
  • ベッドに入るとすぐに眠れるようになった
  • イライラしにくくなった
  • 食生活が整った(決まった時間に食事を取れる)
  • 肌荒れしにくくなった

などQOL向上に直結するものばかり。

なる

夜勤してた頃は「眠い・だるい」が口癖だったから、違いが歴然!

夜勤と病気に関する研究も
  • ガン…睡眠不足、夜間に照明下で働くためメラトニン(ガン細胞と戦う)が分泌されにくい
  • 睡眠障害…勤務中の強い眠気、寝たい時に眠れない交代勤務睡眠障害と定義される
  • 月経不順・不妊…睡眠不足、ホルモンバランスの変化

家族との時間が確保できる

決まった時間に帰宅できることで、家族との時間が確保できます。

例えば2交代勤務。
16時〜翌9時勤務の場合、入りの日(夜勤に行く日)は夜勤に備えて眠らなければならないし、明けの日は疲れてぐったりなことが多いです。

夜勤しているとどうしても、家族とはすれ違い生活になりがち…。

なる

夜勤してた頃は夫とすれ違い生活。家庭内別居しているようでした。

夜勤の重圧から解放される

日勤では看護師がたくさんいることが多いですが、夜勤は大体2〜4人。

夜勤帯で何かイベント(入院・手術・転倒など)があった場合は少人数で対処しなければなりません。これ、結構重圧ですよね。

悩んでいる人

今日夜勤のペア、苦手な先輩だ…憂鬱…

なる

あるあるすぎる。
有事になんとなく声かけにくい先輩、いたな…

日勤のみの仕事に切り替えたことで、この重圧からは解放されました。

まとめ

今日の記事では、【日勤のみ看護師】に転職したメリット3選として、

  • 生活リズムが整う
  • 家族との時間が確保できる
  • 夜勤の重圧から解放される

を実体験をもとにお話ししてきました。

なる

日勤のみ看護師に転職して本当に良かったです。

とはいえ夜勤勤務にもいいところはたくさん。
それについてもおいおい記事にしていこうと思います♪

ここまで読んでいただきありがとうございました。

応援ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる