【高齢者施設】で働いてわかった!向いている看護師の特徴5選

悩んでいる人

病院で働くのはもう疲れた!
高齢者施設で働きたいけど、向いているかわからないな…

このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

今日はそんなあなたが、高齢者施設で働くのに向いている看護師の特徴がわかる記事になっています。

この記事はこんなあなたにおすすめ!
  • 高齢者施設で働いてみたい
  • 高齢者施設ってどんなところ?と気になっている
  • 自分が向いているか知りたい

ちなみに筆者は以下の施設で看護師としての勤務経験があり、現在も勤務中です。

  • サービス付き高齢者向け住宅 2カ所
  • 住宅型有料老人ホーム 1カ所
目次

そもそも高齢者施設ってどんなところ?

高齢者施設

ざっくり2つに分けると

  • 公的施設…特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)等
  • 民間施設…有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等

そしてこの中でも

  • 医師常駐or往診
  • ホーム内の看護師or訪問看護

など施設によって様々な違いがあります。

もちろん入居される利用者の介護度や医療依存度、提供できるサービスなども様々。

ではこのような高齢者施設で働くことに向いている看護師には、どんな特徴があるか見ていきましょう。

高齢者施設に向いている看護師の特徴 5選

高齢者・在宅看護に興味がある

  • 高齢者・在宅看護に関わってみたい
  • 退院した後の患者さんがどのように過ごすのか、興味がある
  • 看取りに関わりたい

というあなたは、高齢者施設に向いています!

悩んでいる人

病院でも高齢者には接したけど何が違うの?

病院は【治療】が大きな目的です。しかし高齢者施設は【その人らしい生活を送る場】であり、看護師はその生活を援助します。

利用者とその家族が

  • 誤嚥しても良いから何か食べたい・飲みたい
  • 転倒してもいいから身体拘束はやめて欲しい
  • 何も食べられなくなったら最期だから点滴もしないで欲しい

と希望されたときに、医師と相談しながら【その人らしい生活】を送る方法を考え、実践していくところが病院とは異なります。

なる

病院とのギャップを感じやすいポイントでもあります。

自分のペースで仕事がしたい

病院で働いていると

  • 緊急入院
  • 緊急手術
  • 突発的な検査、処置

などイベントが多く、どうしても自分のペースで仕事がこなせないことが多いです。

悩んでいる人

多重課題に悩まされることが多い…。

では高齢者施設はどうでしょうか?

もちろん状態の悪化や救急搬送などイベントもありますが、高齢者施設での看護師の基本的な役割は「利用者の生活の場を支える」こと。

そのため利用者さんの生活(食事・排泄・活動状況など)を観察・より良くすることが重要な仕事です。

とはいえ体調に変化がなく穏やかに過ごす利用者も多く入居されているため、突発的なイベントは病院と比較して少ないのです。

つまりペースを乱されることなく、自分で組んだタイムスケジュール通りに動くことができます。

自分のペースで仕事がしたいあなたには、高齢者施設での仕事が向いています。

なる

これは残業の少なさにも直結します。

同じ作業を繰り返し行える

高齢者施設での看護師業務はルーティンワークが多いです。

  • バイタルサイン測定
  • 全身の皮膚状態の観察
  • 処置(褥瘡や皮膚トラブル)
  • 経管栄養
  • 吸引
  • 内服管理
  • etc

もちろん体調不良な利用者さんへの援助もありますが、業務の大半はルーティンワーク。

同じ作業を毎日繰り返し行える人が施設看護師には向いているといえます。

悩んでいる人

緊急対応時こそアドレナリンが出て、仕事してるって感じ!

という看護師さんには不向きかもしれません。

しかし、そのルーティンワークの中でも「あれ?今日は調子悪そうだな」「いつもと違うな」という小さな変化に気づくことができるのも高齢者施設での看護の醍醐味です。

なる

「毎日代わり映えしないから」と辞める方も多いので、この点は重要です。

他職種とコミュニケーションが取れる

高齢者施設ではたくさんの職種の方とコミュニケーションをとりながら、日々の業務にあたります。

  • 医師 
  • ヘルパー 
  • ケアマネ 
  • 事務 
  • 薬剤師
  • etc

この中でも特にヘルパーとの関わりが密になります。

病院では看護師の数は多くヘルパーは少ないことが多いですが、施設はその逆!
看護師よりヘルパーの数が多いことが常です。

利用者と接する機会が一番多いヘルパーと情報を共有するためには、コミュニケーションがとても大切

  • 体調の変化
  • 皮膚トラブル
  • お願いしたい業務
  • etc

1日の中で何度もヘルパーさんと相談、試行錯誤しながら業務にあたります。

なる

報連相が大切なのはどこでも一緒。
高齢者施設は特にヘルパーとの関係が良いほど業務が円滑に進みます。

清潔ケアを大事にしたい

悩んでいる人

患者さんの髪の毛がベタベタ、爪伸びっぱなし、垢だらけの足が気になる…
もっとケアする時間が欲しい。

これは私が病院で働いているときに感じていました。
日々の業務に追われて中々思うような清潔ケアが提供できない。面会に来たご家族に申し訳ない…そう思うこともしばしば。

高齢者施設での看護師業務において、清潔ケア(保清)はとても重要

  • 入浴、洗髪
  • 足浴、手浴
  • 爪切り
  • 耳かき
  • 皮膚の保湿

などの清潔ケアを、比較的時間を割いて行うことができます。

なる

利用者からの「ありがとう」という声は仕事のモチベーションに直結しますよね。

まとめ

この記事では、高齢者施設で働く看護師に向いている特徴として

  1. 高齢者・在宅看護に興味がある
  2. 自分のペースで仕事がしたい
  3. 同じ作業を繰り返し行える
  4. 他職種とコミュニケーションが取れる
  5. 清潔ケアを大事にしたい

5つ挙げて解説していきました。

悩んでいる人

当てはまらないところもあるけど、高齢者施設に興味がある!
ちょっと働いてみたいな〜

という方は、派遣看護師として雰囲気を掴むのも一つの手だと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

応援ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる