実録!【コロナワクチン】を接種し副反応に悩まされた看護師の体験談

悩んでいる人

これからコロナのワクチンを打つんだけど、副反応が辛いってほんと?

そんなあなたに向けて、【ファイザー製コロナウイルスワクチン】を接種した看護師の体験談をお話しします。

※あくまで体験談であり、全ての人に同じ副反応が出るとは限りません
 「辛かったんだなあ…」と温かい目で見ていただけると幸いです。

この記事でわかること
  • コロナウイルスワクチンの接種の流れ
  • 副反応の体験談
  • 接種前に準備しておきたいこと
目次

ワクチン接種1回目

接種当日の流れ

普段働いている施設ではなく、会場となる病院へ出向きました。

当日必要だったもの

  • 予診表
  • 本人確認書類
  • ワクチン接種クーポン(医療従事者は事業所単位での接種なので必要ありませんでした)

接種までは5分もかからずスムーズ。接種自体は痛くありませんでした。

過去ワクチン接種で気分不良があった方は30分、その他は15分待合スペースで待機。

その後接種完了のシールを頂き、帰宅しました。

副反応について

1回目接種後の副反応は、比較的軽いものが多かった印象です。

接種部位の痛み

接種後4時間程度経過し、筋肉痛のような痛みが出現しました。
腕をあげると痛む。触ると痛む。下にして寝れない。
これは接種後48時間まで持続しました。

倦怠感

なんとなくいつもよりだるいかな?という印象でした。
気付いたら治っている、その程度。

職場の同僚達の感想

20〜40代のスタッフは同じような副反応が出た人が多く、中にはカロナール(鎮痛剤)を服用した人も。
50〜60代のスタッフは副反応が出た人が少ない印象でした。

ワクチン接種2回目

接種当日の流れ

オペレーションは前回と変わらず、スムーズです。
しかし接種(穿刺・薬液の注入)の時点で1回目より痛い。
これはもしや…?と思いつつ、15分待機。

まあ2回目だし、しょうがないかと思いつつ帰宅します。

副反応

悪寒

接種後12時間経過した朝5時。
ものすごい寒気と体の震えで目が覚めます。


悪寒・戦慄→39℃近い発熱→ロキソニン内服→37度後半まで解熱
これを3回繰り返しました。

接種から40時間経過したころやっとこのループから抜け出しました。

なる

正直このループが一番しんどかった!
もう疲れたよパトラッシュ状態…

発熱

接種後12時間経過した朝の5時、前述した通り39℃近い高熱が出ます。

悪寒→発熱のループを繰り返す間は下がっても37℃台です。
そして39℃近い発熱なんて10年振りでめっちゃしんどかった…

解熱剤としてカロナールを内服しました。
しかし、普段からロキソニン+胃薬を内服しているためカロナールは効果なく…
結局ロキソニンにお世話になりました。

接種から40時間経過しループからは抜け出したものの、微熱は48時間経過するまで持続していました。

接種部位の痛み

前述したように、1回目に比べ痛みが出るスピードが早かったです。
1回目にはなかった接種部位の赤み・腫れも出ました。
発熱に対してロキソニンを内服していたためか、我慢できる程度の痛みでした

下痢

接種後6時間経過したとき、急激な腹痛でトイレへ。
生物なども食べていないため副反応と思われますが、1回きりでありこれは定かではありません。

倦怠感

接種後6時間経過したときから倦怠感を自覚します。
しかしその後発熱したため、解熱とともに倦怠感は消失しました。

頭痛

接種後6時間経過した時から頭痛を自覚します。
しかしその後発熱したため、解熱とともに頭痛は消失しました。

関節痛

発熱とともに関節痛に襲われました。
インフルエンザに罹患したことのある方、あの関節痛です。
発熱で苦しんでいる中の関節痛はまさに泣きっ面に蜂状態でした。

職場の同僚達の感想

20〜40代のスタッフでも副反応はバラバラでしたが、1回目よりキツかったとの声が多数。
50〜60代のスタッフは副反応が出た人が少ない印象でした。

発熱で欠勤…PCR検査は受けるべき?

結局、2回目のワクチン接種から2日間仕事をお休みしました。

接種翌日、職場にお休みの旨を伝えたところ、
「副反応だとは思うけど、一応保健所の指示を仰いでほしい」とお達しがありました。
(ワクチンの副反応で欠勤するのは私が職場で初めてのケースでした)

保健所→市役所→県のワクチン相談センターに

  • ワクチン接種後の副反応の経緯
  • 呼吸器症状(息苦しさの自覚はあるかetc)の有無
  • 味覚障害の有無

上記を相談した結果、発熱は副反応によるものだろうからPCR検査は不要という結果になりました。

なる

発熱している中で電話するのが本当に大変だった…
そしてコールセンターの皆さんも本当にお疲れ様です。

ワクチン接種に対する職場の対応

接種までの経緯

私の働く施設だけかとは思いますが、急でした
いきなりシフトの公休日に「ワクチン打ってきてね〜」とお達し。

もちろんもうシフトは組んであるので接種翌日の休みは取れず

現在は接種翌日の欠勤者が続出したため翌日は休みになっているとかいないとか…

なる

人柱かな…?

欠勤時の取り決め

接種後3日間の体調不良でのお休みは有給休暇扱いとなっています。

なる

入社後半年未満の私には有給などなかったんだ…!

これからワクチンを打つ人へ伝えたいこと

接種当日は肩をすぐ出せる服装を

ワクチンは筋肉注射(肩に打つ)です。
迅速なオペレーションのため、肩をすぐ出せる服装で会場へいきましょう。

利き腕・夜寝る際に下にする腕を避けて接種

接種部位の痛みは副反応の報告が一番多いため、よく使う腕は避けた方が良いです。

接種翌日はできる限り休む(特に2回目)

発熱・倦怠感などなど副反応が出やすい2回目。
仕事をされている方はなるべく接種翌日はお休みを取ってください!

解熱鎮痛剤、スポーツドリンク、軽食の準備(特に2回目)

発熱したときに辛い体で買い物に行くのは大変です。
自分が発熱したときに飲む薬、食べられるものを事前に準備しておきましょう。

同居する人とはスケジュールをずらして(特に2回目)

今回私が副反応でダウンしたとき、夫に看病してもらいました。
同居する家族と同じ日にワクチンを接種した場合、全員同時ダウンのリスクも…!

そのためなるべく同居する家族とはスケジュールをずらして接種してください。

なる

何も準備していなかった私の自戒を込めて。
皆さんはしっかり準備してくださいね。

おわりに

ここまで読んでくださりありがとうございました。
コロナウイルスワクチンについて、さまざまなニュースでも取り上げられている通り皆さんも期待と不安があることかと思います。
そんな皆さんに私の実体験が少しでもお役に立てれば幸いです。

正しい副反応の報告は政府や製薬会社など公的機関のHPを参照してください。
また、ワクチンの接種については個人の判断に委ねられます。

応援ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる