あなたは共感できる?【看護師あるある】7選を紹介

看護師の仕事現場や日常生活でのあるあるネタを7つ紹介していきます!

なる

Twitterで仲良しのこっちゃんの看護師あるある記事に乗っかりました〜!

あるある〜!と共感しながら読んでもらえると嬉しいです♡

この記事はこんなあなたにおすすめ!
  • 日々の看護業務に疲れてほっと一息つきたい
  • あるある!と共感したい
  • 看護師友達とのネタに使いたい
  • 看護師じゃないけどあるあるネタに興味がある
目次

「〜あり」って記録に書きがち

看護師

今日もやっと看護記録書ける…!

ある日の看護記録

S:お腹が痛い…痛み止めくれ…

O:KT38.2 P78 SPO298 BP156/78
  悪寒戦慄あり 苦痛様表情あり
  腸蠕動音聴取可 腹部緊満あり

A /P:解熱鎮痛薬服用の必要性ありカロナール内服。疼痛程度観察続行。

看護師

ありって看護記録に書きすぎやな…

例は誇張しすぎてる感ありますが、気付いたら看護記録に「〜あり」という言葉が乱立しがち。

あまりに続くと看護記録で韻踏んでる気分になってくるので、「〜認める」「〜みられる」などで逃げる技を使います。

「doで」って言いがち

看護師

先生◯◯さんの点滴明日からありません。

医師

あ〜とりあえずdoで

看護師

わかりました。

先輩〜明日の点滴doです。お願いします。

こんな会話が日々ナースステーションで繰り広げられます。

急ぐ場合は廊下で遠くにいるスタッフに

  • 処置doです!
  • 処方doです!

なんて叫ぶこともしばしば。

doってどういう意味?

同じ」を意味する略語として使われます。
点滴do=今日と同じ点滴を明日も使う

繰り返しやコピーを意味する英語「ditto」に由来するそう。

記事書いてて初めて知りました。

排泄の話を大声でしがち

ナースステーションなどでよく耳にするこんな会話。

看護師

◯◯さんおしっこ全然出てないんじゃない?導尿する?

看護師

浣腸したらう◯こめっちゃ出ましたよ、××さん

看護師の重要な仕事の一つである排泄状況の観察。もちろん便・尿とも言いますが、吹き出しの様な会話も日常茶飯事です。

そして休憩など食事中に会話にあがることもちらほら…(本当はダメですよ!

看護師同士で外食する際には気をつけましょう!

疲れてると家でもナースコール・アラームの音しがち

〜残業後自宅のお風呂にて〜

看護師

(ピコンピコン…ピコンピコン…)
えっナースコール?幻聴!?

仕事中鳴り止まないナースコール。鳴り止まない心電図モニターのアラーム。これらを1日中聞き続けていると、家にいる時も聞こえるようになります。

夢の中で鳴ってびっくりして飛び起きたことも。ああ疲れてるんだな、転職しようと思った瞬間でした。

看護師のお風呂あるある

ちなみにお風呂でいうと

  • 記録のし忘れ
  • 申し送り忘れ

などなど仕事のやり忘れに気づく場でもあるので、「あ〜〜」と虚しい声がお風呂場に響くことも…。

難しい人の採血・ルート確保に成功したらヒーローになりがち

患者さんの中には採血・ルート確保(点滴のための留置針を血管に入れる)が難しい方もちらほら。

特に夜勤中の朝7-8時。採血30人分など鬼のような量をこなしていると

看護師

◯◯さん全然血管ないな…これじゃ採血取れないや。

なんてこともしょっちゅう。
そしてそこに現れる採血のプロ看護師!あれだけ探しても見つからなかった血管を1発で探し当て、採血成功

看護師

ヒーローや…!ありがとうございます!

癒しの患者さんいがち

看護師

最近入院してきた◯◯さん、笑顔が素敵!

看護師

◯◯さんは「ありがとう」っていっぱい言ってくれていいよね。

看護師も人間です。笑顔や言葉使い、身なりや態度などが素敵な患者さんには癒されます

もちろん仕事なので全員に平等な看護は提供しますが、気持ちの入り方が少し違うのも事実。

なる

高齢者と接する機会が多いので、「将来こうなりたいな」と思える患者さんに出会えることも。

手の甲にメモ書きがち

バインダーやメモなど何も持っていない時。

医師

◯◯さん明日からカロナール出します。

看護師

わかりました。

忘れない様にとっさに手の甲にメモしがち。他にも

  • バイタルサイン
  • 急なスケジュール変更
  • Drからの指示
  • 提出物

など、手の甲がメモだらけなんてこともしばしば…

おわりに

看護師のあるある記事、いかがでしたか?
ゆるい気持ちで読めて、あるある〜!と共感していただけたら嬉しいです♡

ここまで読んでいただきありがとうございました。

応援ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる